​特 別 展

R3冬の特別展POSA2.jpg

​ 特別展:ホントに!?  海にいそうな魚たち 

​終了しました。水槽は順次撤去していきます。

世界の川にはエイやカレイなど、ふつう海にすむ魚の中にも淡水域に適応した種がいます。

「えっ、海水魚じゃないの?」と思わせる淡水魚たち

紹介します!!

展示期間:2021年12月25日~2022年5月8日まで

クロダイルスティングレイ 南米にくらす淡水エイ。模様はバリエーションがあって美しい。

コクハンカワウツボ 東南アジアの淡水域でくらす唯一のウツボ。

ニードルガー 東南アジアの淡水域にくらすダツの仲間で、細長く鋭い口が特徴。

テトラオドン・リネアトゥス 西アフリカの淡水域にくらすフグ。60cm程度に成長する。

コチョウザメ サメのような姿だが、チョウザメという違うグループ。チョウザメは多くは淡水で生活する。

​春 の 展 示

​おさかな館名物、春限定の展示です!!

hiuo.JPG

​アユの稚魚(氷魚)

アユの稚魚は海で成長し、2月頃になると河口に現れるようになります。その頃の稚魚の姿は氷のように透き通る体をしていることから「氷魚(ひうお)」と呼ぶ地域があります。体に色が現れるまでの超期間限定展示ですのでお見逃しなく!!

メタルフィッシュ(ハク)

3月の河口では、金属のようにピカピカした2~3cmのボラの幼魚が見られ、この頃をハクと呼びます。これは銀泊から例えられましたが、当館ではメタルフィッシュと呼んでいます。ボラの一番輝かしい姿をLEDの光で銀、ブルー、バイオレットの輝きがご覧になれます

metarufish.JPG

​旬 な 展 示 情 報

​ちょっと変わった生きものや季節的な展示など

旬な情報をお届けします。

2021年6月に佐伯市の木立で捕獲された

​黄金色のスッポンの他、黒くないイモリ、

水色のアマガエルといった

ちょっと変わった生きものがいます。

​※青いアユは2022年4月4日に死亡しました。

​推定ですが、2年5カ月生きたと思われます。

suppon_gold.JPG

青アユ(コバルトアユ) 脳下垂体が一部未発達で成熟しないからか寿命が長く2~3年生きる。 ※現在、展示していません。

水色のアマガエル 黄の色素が欠乏する事で水色の体色になる。但し、灰色にも変化できる。

黒くないイモリ、どっぽくん 佐伯の国木田独歩館庭園の池で発見された、黒の色素が少ないアカハライモリ。