Copyright 2006 Banjou Osakanakan
All Rights Reserved.
番匠おさかな館 サイトポリシー お問い合わせ
動物取扱業に関する表示
道の駅やよいTOP アクセス 弥生ぴかいち やよいの湯 リンク
施設概要
入館料
割引券
フロアーガイド
展示情報
特別展・企画展
観察会
いきもの図鑑
いきもの動画集
おさかな館図書
おさかな館TOP
  2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度  
2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
2016年度  2017年度 2018年度 2019年度  
   2018年度 第2回特別展 : アジアのどぜう 【 終 了 】  
展示期間 : 平成30年12月22日 ~令和元年06月2日   
   ―  展示内容  ―
 
 アジアに生息するドジョウ上科の仲間を紹介!!

 ドジョウというとヒゲがあり細長くニョロっとした
 イメージですが、アジア様々な体形や色彩を
 もったドジョウがいて、どれも愛嬌のある顔つきを
 しています。
 
 この特別展では、ドジョウ上科9科の内、
 ドジョウ科8種、アユモドキ科4種、フクドジョウ科4種、
 バルブッカ科1種、タニノボリ科1種、ガストロミゾン科1種
 の6科19種を展示しました。
  

特別展会場
元祖、ドジョウ
口ヒゲは5対10本とモジャモジャです。
 
アジメドジョウ
主に中部地方の河川上・中流域に生息

フクドジョウ
北海道の河川に普通に生息
 
     
バルブッカ・サッカーローチ
 
タニノボリ科:クラウンロケット・フィッシュ

胸ビレで体を支えて垂直立ち
この姿が発射台のロケットの
ようなのでこの名前がついた
   
 
ガストロミゾン科:チャイナバタフライ・プレコ


ガラスの砂を敷いた水槽
ドジョウの潜る様子が観察できる。


砂に潜るホースフェイス・ローチ
   

特別展の後半には、どじょうを食べよう開催。
宇佐のどじょう料理店「御食事&焼酎処、辰巳」の
協力の元、どじょうの唐揚げと汁を販売した。
食べた人は、どじょうの掴みに挑戦できた。
どじょう掴み1分の最高記録は47匹でした。
   
 
 
   2018年度 第1回特別展 : 佐伯の水生昆虫 【 終 了 】  
展示期間 : 平成30年7月21日 ~ 平成30年10月8日   
   ―  展示内容  ―
 
 佐伯市内に池や沼に生息する水生昆虫が大集合!!

 水面や水中で生活する昆虫たちを水生昆虫と言い、
 陸上生活していた祖先から、二次的に水中生活へ
 適応していったと考えられています。
 しかし、水生昆虫といっても、幼虫の期間のみ水中
 生活するものや、大半は水中生活であっても卵や
 蛹の期間は陸上部分といったように完全に一生を
 水中で送るものはわずかです。
 
 この特別展では佐伯市内の池や沼、水田といった
 主に止水環境に生息するカメムシ目、甲虫目、トン
 ボ目から23種を紹介しました。
 
 ゲンゴロウやアメンボ、ミズカマキリにタイコウチ、
 トンボの幼虫(ヤゴ)など昔は当たり前のようにい
 た水生昆虫たちが希少な存在になりつつあります。
  

特別展会場

ヒメイトアメンボ
   
オオアメンボ

マルミズムシ
   
 
コマツモムシ
 
マツモムシ


コガタノゲンゴロウ

ヒメガムシ
     ←ミズカマキリ








タイコウウチ→
   
←コオイムシ





タガメ→
 
※昔、佐伯市にいたと
言われますが、現在
では見られません。

展示したものは栃木
県産の購入個体
です。
    ←クロスジギンヤンマ









イトトンボ科→ 
 
Copyright 2006 Banjou Osakanakan All Rights Reserved.