Copyright 2006 Banjou Osakanakan
All Rights Reserved.
番匠おさかな館 サイトポリシー お問い合わせ
動物取扱業に関する表示
道の駅やよいTOP アクセス 弥生ぴかいち やよいの湯 リンク
施設概要
入館料
割引券
フロアーガイド
展示情報
特別展・企画展
観察会
いきもの図鑑
いきもの動画集
おさかな館図書
おさかな館TOP
  2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度  
2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
2016年度  2017年度      
   2016年度 第3回特別展 : ふくきたる 【 終 了 】  
展示期間 : 平成28年12月23日 ~ 平成29年3月20日 
   

 
 フグというと怒ると風船のようにぷくっと膨らむ
 イメージですが、全てのフグが膨らむ訳では
 ありません。
 皆さんがよく知るカワハギやマンボウも実は
 フグの仲間です。その見た目もさることながら、
 普通あるはずのヒレや骨がなかったり、
 魚の中でも異端な存在のグループです。
 また、高級食材として知られる一方、
 「ふぐは食いたし、命は惜しし」と言われ、
 食べ方を間違えれば、命を落とす猛毒を
 もつことでも知られています。
 多くは海で生活するフグですが、漢字で
 鰒の他、河豚(フグ)と書くように、世界には
 川でくらすフグたちもたくさんいます。
 
 淡水、汽水、海水にくらすユーモア溢れる
 フグたちを紹介します。
 
 おさかな館に ふく(鰒)きたる・・・

 ※およそ20種のフグの仲間を展示
 
 
世界最小のフグ
アベニー・パファー(淡水)

泳ぎが巧みな遊泳性のフグ
ブロンズ・パファー(淡水)
 
   
上からみると8の字
模様にみえるハチノジフグ(汽水)

緑の背中に水玉模様が
可愛いミドリフグ(汽水)
 
 
水玉模様とお腹のさざ波模様が
可愛らしいサザナミフグ(海水フグ)
 
ご存知ハリセンボン。棘は千本ではなく
およそ350本くらいです(海水フグ)
 
 
ムラサメモンガラ

ハコフグ

アミメハギ
 
  膨らまないフグの仲間、モンガラカワハギ亜目も展示    
 

フグの雑学コーナーも設置
サザナミフグの骨格標本にハコフグの
体の作り、フグ提灯の詳しい解説の他、
ハリセンボンの喉に寄生していた
ウオノエの標本も展示

展示していた大きい方のハリセンボンに
ウオノエが寄生し、口を開けると姿が見えました。

口の中にウオノエが見えます
 
 
取り出したウオノエ
 
   
サザナミフグの皮を膨らまして
剥製にしたフグ提灯

イシガキフグの皮を膨らまして
剥製にしたフグ提灯
 
 
特別展会場 ※実物大のマンボウもフグの仲間です
 
       
   2016年度 第2回特別展 : もしかめ!∼もしもしかめよかめさんよ∼ 【 終 了 】  
展示期間 : 平成28年7月30日 ~ 平成28年10月10日 
       
   ―  展示内容  ―

 カメといえば頑丈な甲羅を持ち、
 温厚なイメージで、飼ったことのある人も
 多いと思います。
 しかし、カメの種類やオスとメスの見分け方、
 骨や甲羅の構造など、意外と知っている人が
 少ないのではないでしょうか?
 
 本特別展示では、佐伯市に生息するカメを
 展示し、不思議な生態を紹介します。
 ○展示生物他
  ・番匠川に生息するカメ(4種)
  ・大分県沿岸に生息するウミガメ(2種)
  ・首の骨の構造が異なるカメ(1種)
  ・カメの甲羅
 ○展示内容
  ・寿命や雌雄の違い
  ・亀は本当にのろいのか?など

ニホンイシガメ

クサガメ

ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)

スッポン

アオウミガメの子ども

アカウミガメの子ども

アフリクヌマヨコクビガメの子ども
 
↑剥がれた古い角質甲板              ↑骨甲板     
○甲羅の構造
 甲羅の中は空洞でほとんどが内蔵ですが、肋骨+骨甲板+角質甲板の三重構造で割れにくくなっています。
 角質甲板の表面は古いものが剥がれ落ちます。種類によっては形が残ったまま剥がれ落ちます。
   2016年度 第1回特別展 : マラウイ湖の口内保育する魚 【 終 了 】  
展示期間 : 平成28年4月29日 ~ 平成28年7月3日 
       
   ―  展示内容  ―
 
 アフリカ三大湖の一つマラウイ。
 その湖は地球のプレート運動によって大地が
 裂かれ、そこへ悠久の時を経て水が溜まる
 ことで生まれた湖で、最大水深は約700m、
 面積は九州に匹敵するほど広大です。
 このマラウイ湖には、シクリッドと呼ばれる
 美しい色彩をもち、口の中で卵や子を育てる
 マウスブルーダーの魚たちが繁栄しています。

 本、特別展ではマラウイ湖にくらすシクリッド
 17種の他、パネル展示にてアフリカ三大湖の
 起源や歴史、そこにくらす魚たちについても
 紹介しました。
 
スキアエノクロミス・フリエリ♂
(流通名:アーリー)

アウロノカラ・ヤコブフレイベルギィ♂
 
 
ラピドクロミス・カエルレウス
 
プセウドトロフェウス・デマソニィ
 
 
口内保育中のアウロノカラ・バエンシィ♀
<ポインタを置くと画像拡大、稚魚が見えます。>

アフリカ三大湖と九州の面積を比較
左からマラウイ湖、ヴィクトリア湖、タンガニイカ湖
 
 
マラウイ湖からシクリッドが
飛び出す立体解説パネル

17種のマラウイ湖産シクリッドを
各々水槽に入れて展示しました。


パネル展示
 
       
Copyright 2006 Banjou Osakanakan All Rights Reserved.